沿革

沿革

2011年度
(H23年度)
経済産業省の支援を受け、一般社団法人Medical Excellence JAPAN(以下MEJ)を設立
外国人患者の受入基盤整備(インバウンド)を中心に、広報活動を開始
2012年度
(H24年度)
MEJの本格稼働に向け、経済産業省にて医療機器メーカーを中心としたタスクフォースを開催
企業会員の募集を開始
2013年度
(H25年度)
理事長に山本修三が就任
医療機器メーカー等が企業会員に加入し、事業範囲を医療の輸出(アウトバウンド)まで拡充
内閣官房、経済産業省から医療の国際展開に関する事業を受託
ベトナム、インドにて官民ミッションを実施
2014年度
(H26年度)
経済産業省から『医療国際展開加速化促進事業』を受託し、管理団体として公募事業を開始
経済産業省から医療の国際展開に関する事業を受託
インド、ベトナム、ロシア、ミャンマー、インドネシアにて官民ミッションを実施
2015年度
(H27年度)
経済産業省から『医療技術・サービス拠点化促進事業』を受託
医療機関・医療関連団体が交流・連携を図る場として『医療国際展開協力フォーラム(MEJフォーラム)』を発足
政府の医療国際展開タスクフォースにて策定されたガイドラインに基づき、認証医療渡航支援企業(AMTAC)の認証を開始

認証医療渡航支援企業(AMTAC)として2社を認証

MEJと東芝メディカルシステムズ株式会社(現 キヤノンメディカルシステムズ)がモスクワ第一医科大学およびモスクワ循環器センターと共同で「日露循環器病画像診断トレーニングセンター」を設立
ベトナム、フィリピン、ミャンマー、バングラデシュにて官民ミッションを実施
2016年度
(H28年度)
経済産業省から『医療技術・サービス拠点化促進事業』を受託
渡航受診者の受入実績があり、所定の水準を満たす日本の病院を『日本国際病院(仮称)』とし、海外へ推奨する事業を開始
「日本国際病院(仮称)」は正式名称『ジャパン インターナショナル ホスピタルズ(JIH)』に決定し、28病院を推奨
『ジャパン インターナショナル ホスピタルズ(JIH)』を海外に発信するため専用WEBサイトとして「JAPAN Hospital Search(JHS)」を公開し、JIH推奨病院28病院を掲載
『医療国際展開協力フォーラム(MEJフォーラム)』のシンポジウムを2回開催
フィリピン、ミャンマー、サウジアラビアにて官民ミッションを実施
2017年度
(H29年度)
経済産業省から『医療技術・サービス拠点化促進事業』を受託
MEJと独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)は、医療機器・サービス企業等の海外展開支援を目的に業務協力に関する覚書を締結
『医療国際展開協力フォーラム(MEJフォーラム)』のシンポジウムを2回開催
『ジャパン インターナショナル ホスピタルズ(JIH)』として新たに13病院を追加推奨(合計41病院)
「JAPAN Hospital Search(JHS)」に中国語、ロシア語、日本語を追加し、多言語化
企業会員、フォーラム会員が参加するインバウンド委員会を発足

3つの分科会(認証関連分科会、プロモーション分科会、課題検討分科会)で具体的な活動を開始

タイ、サウジアラビアにて官民ミッションを実施
2018年度
(H30年度)
経済産業省から『国際ヘルスケア拠点構築促進事業』を受託
「医療国際展開協力フォーラム(MEJフォーラム)」を『MEJフォーラム』に改称

トップに戻る
トップへ